2014年05月26日

マレーグマちゃん、抱っこしてきましたよ。

5月はイベントや作品展がいっぱいですね。
そんな中、もう楽しみで楽しみで仕方なかったマレーちゃんに会いに行ってきました。

P5240006.jpg


青山のビリケンギャラリーで絶賛開催中の
梅津恭子さんの個展「ぬいぐるみ2」!

梅津さんがビリケンギャラリーで初めて個展された時の感動は
今でも忘れられず私の心にありますが、
今回はぬいぐるみ作家活動16年の集大成として挑まれたとあって、
50体以上の作品がどの子もリラックスして
でもちょっぴり照れくさくココが自分の場所だよって
自然に並んで訪れる人を待ってくれていたようでした。
梅津さん自身がにじみ出たようないつまででもいたくなる
気負いのない気持よい空間でした。
話題沸騰の大きなマレーグマもしっかり抱っこしてきましたよ。
ずっしりと身体に馴染み、何故か懐かしくずっと抱いていたかったです。
ねー、だいじょうぶだよねーって言ってるつもりが言ってもらってました私…ほほほ…。
沢山のお客様が本当に幸せそうにマレーちゃんを抱っこしていらっしゃるのを見て
ぬいぐるみの持っている力ってこれだよねって嬉しくなりました。
すごいよ、梅津さん!

ご一緒した坂井礼さんとも久しぶりにお会い出来て
優しい元気をもらえたとっても大切な一日でした。
ありがとうございます!

いよいよ27日(火)一日のみとなった「ぬいぐるみ2」。
本日26日(月)はギャラリー定休日ですのでお気をつけください。

ぬいぐるみ2→


posted by yanakano zoo at 09:58| Comment(0) | イベント・展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月23日

赤坂のゾウムシ

一昨年ミヤタケイコさんが参加されていた
昆虫大学という虫ばかりのイベントを観に行った時、
参加されていた作家さんの中に、
大きな陶器のゾウムシを作られる方がいらっしゃいまいました。
虫怖いのにずっと忘れられずにいたのですが
赤坂のギャラリーで個展をされていると知り観に行ってきました。

2014_0318_OKUMURA-HANA.png

奥村巴菜 −新種!陶虫(トウムシ)展− 2014.3.18(火) - 3.29(土)
ギャラリーカフェJalona

陶虫(トウムシ)ってかわいいネーミング!
休日の人で賑わう赤坂、路地を入ってすぐの地下への階段を降りて行くと…
いましたいました、入ってすぐ目に飛び込んで来たのは
あの時見たよりももっと大きなド迫力象虫!
そして少し小振りな(と言っても大きいのだけれど)象虫やツノゼミたち。
かと思えば、ピーナッツボディから可愛い足が生えた
手のひらに隠れるチビッちょ陶虫さんも!可愛い!。
力強くてどこか神々しくて、陶器だとわかっていても撫でたくなる暖かさと可愛さ。
どの子も佇まいの優しさに、本当に虫がお好きなんだなって思いました。
奥村さんご本人も在廊されていて、お話なども伺えて楽しかったです。
リアルだけれど虫苦手な方でもきっと大丈夫な陶虫さんたち、
29日まで赤坂に生息中です。

奥村さんブログ→
ギャラリーカフェJalona(ジャローナ)→
(日、月休廊です)


その足で二駅先の表参道へ。
ビリケンギャラリー「ねこのねごと」展。
50人の絵本作家さんによる猫の展覧会。
猫と言っても本当に沢山の捉え方があるんだな〜って、
カッコいい子あり、ちょっとお間抜けの子あり、
はっとしてほっこりする猫まつりでした。
ふと見上げた棚の上にぬへへってクリッククラックさんのちび黒猫も。
ちょっと得した気分でした。
※ねこのねごと展は23日までです





posted by yanakano zoo at 16:51| Comment(0) | イベント・展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

ツブツブ

寒いですねー、
この間お正月だと思ったら、もう一月も後半、12月、1月は本当に早いです…

先日見かけたある物が気になって気になって仕方ありません。
それはこちら→
怪獣人形、怪獣着ぐるみ作家のピコピコさんの「山椒魚戦争」。
先日ビリケンギャラリーさんのツイッターで見て一目惚れでございます。
きっと怪獣なんだろうけれど…ね、
この子に攻められても怖くない…ていうか頑張れって言いたくなる…
体のブツブツ、色、おばか顔(褒めてます)、いいなー。
サンショウウオ、実は私も作ってみたかったのですが、
こんな可愛い子になるなんて凄い!
5月ビリケンさんから発売予定だとか。
楽しみだ〜

で、山椒魚情報収集も兼ねて現在絶賛開催中の
玉宮通雅さんの個展を観にビリケンさんへ。
そこはもう青とツブツブのるつぼでございました。
ピルトルの玉も飛行機も牡蠣のお腹にだってツブツブが。
お写真で見ていた時は生生しいのかなっておもってたのですが、
実物は色が本当に綺麗で、とってもさっぱりしていてでもネチネチツブツブで、
何故か気持ちよく可愛いとさえ思えてしまう…
あれ? さっきの山椒魚戦争もツブツブいやブツブツ…
ワタシはポチポチした物が好きなのだろうか…
3枚の絵をライブペインティングで仕上げて行くというのですが、
青い絵の具がツブツブの回りに塗られて行く様が
何か気持ちよくってしばらく見てしまいました。
完成ほやほやの鮭のツブツブが個人的にはかなり好き。
顔の水色つぶつぶが体のいくら色つぶつぶに変わる境目とかがおお〜って感じでした。
こちらは明後日22日までです。
ビリケンギャラリー→

帰路の電車の中で、山椒魚の事を聞くのと、
教えていただいたスパイラルの赤塚不二夫展を観に寄るのを
すっかり忘れていた事に気が付くも時すでに遅し…
あまりのツブツブに頭のっとられた帰り道でした。

posted by yanakano zoo at 19:25| Comment(0) | イベント・展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月29日

ハッとするもの

ここ2週間程は時間をみつけて気になるギャラリー、
恒例実家で庭師など、あちこち出かけていました。
さすがにこの時期は怒濤の作品展ラッシュ。
ざざっとチェックしただけでも全部は回りきれません…
いろいろな作家さんにお会い出来て、お話もうかがえて
いろいろ落ち着けないでいる自分に活を入れさせていただきました。

昨日は以前からどうしても見てみたかった
土屋仁応さんの作品展を観に新宿高島屋へ。
小川洋子さんの装幀に使われていた作品の表情が大好きで、
ホームページや雑誌などではお写真を拝見していたものの、
実物を見るのは初めてでした。
広い空間に点在する白く神々しい動物達は
そばにいるだけで心が静かになれるような
ちょっぴり濁っていた奥底の何かが少しづつ澄んで行くような
そんな気持ちになりました。
本気で貯金をしたいと思った作品展でした。
12月9日(月)まで、新宿タカシマヤ10F美術画廊

高島屋ギャラリーでは先週は
内林武史さんの『記憶と幻想の実験室」で、
こちらも素晴らしく面白かったです。
何処かなつかしく、遊び心やいたずらを隠し持った作品たちは
ワンアクションこちらが起こす事でそっと秘密を見せてくれます。
やはり私はシンプルで丁寧で凛としているけれど、
素でそっと佇むような物が好きです。
こちらは12月4日から横浜タカシマヤで巡回展がスタートします。




posted by yanakano zoo at 18:00| Comment(0) | イベント・展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月03日

暑中お見舞い申し上げます。

暑い日々が続いていますが、皆様夏、楽しんでいらっしゃいますでしょうか。
ビリケンギャラリー@青山で好評開催中の『虫と…』展も本日から2週目に入ります。
暑い中、お出かけくださいましたお客様、
どうもありがとうございます。
ビリケンギャラリーならではの、
虫むし空間、堪能されましたでしょうか。
無知むちの私は、改めて凄い作家さんの作品と一緒の空間に
カメちゃんも参加させていただいている幸せにじわじわがくがくしています。
もう今更ながらこれだ〜!と言う虫マンガ家さんの作品とも出会え、
これから一話、また一話と読んで行ける事が嬉しくてたまりません。

青山では虫特化空間が発生しておりますが、
浅草橋では一足先に何処もかしこもマレーグマ空間が。
いよいよ会期も5日(月)までとなりました、
梅津恭子さんプレゼンツの「愛しのマレ−グマ」展。
始めの頃に伺いましたが、看板に偽り無し。
これでもかのマレーグマ愛に溢れた
濃く、かわいく、思わず手を挙げて踊りたくなっちゃうマレーグマ空間でした。
マレーグマ絵描き歌なる物もあって、私も描いてみたけれど
すごいです、本当にマレーグマ描けます〜なんかウキウキ楽しい!
まだの方、おススメです。
私も今週末もう一度会いに行く予定です。

「愛しのマレ−グマ」展

※御陰さまで、虫と…展のカメムシはお家がきまっております。
初日暑い中、早くからおでかけくださいましたお客様、
本当にどうもありがとうございました。


posted by yanakano zoo at 10:20| Comment(0) | イベント・展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする