2016年03月09日

近況など

こんにちは、
入学・卒業・歓送迎と、巷は慌ただしくウキウキと動いているようですが、
我が家の甥っ子もいよいよこの春新中学生に。
ウルトラマンからカードゲーム、今は野球に夢中のお兄ちゃん、
どんな中学生になるんだろう。
とりあえず元気で健康、気は優しくて力持ちならおばちゃん嬉しい。

さて、本日は近況など。
昨年から本格?的に復活させた実家での自動車運転。
ペーパードライバー歴半端ない私、正直無理なのではと思っていたけれど、
人間やる気があれば何でも出来る物です。
ビクビクだった右折もバック駐車も怖くなくなりました。
(当たり前だと笑われそうですが、私にとってはすごい事)
週一帰省時に母と近所に買い物に出かけるところから始めた運転、
近頃はナビのお力も借りて少し遠出も楽しくなりました。
居心地いいカフェも幾つか見つけたし、ちょっと楽しい!

相変わらず出不精引きこもり気味ではありますが、
ここ数年の中ではかなり心も体も軽くて嬉しいです…
先日は銀座教文館ギャラリーでのスタジオアルガリさんの個展最終日にお邪魔してきました。
相変わらず精力的・魅力的な活動をされている羊毛作家の鈴木さん。
リアルなだけでなく物語を感じる独特の動物たちを
のんびり観ながらお話しも沢山伺えて楽しい時間でした。
鈴木さんとは4月30日からのキツネ展でご一緒になり嬉しいです。

教文館は今回初めて一階以外に入ったのだけれど、
味わい深い重厚なビル上階には、雑貨やカフェもあり
さすがはキリスト教関係の書籍を扱う書店だけあって、扱う雑貨も徹底してます。
伺った日はイースター間近な事もあり充実のエッグラインナップ。
見慣れない宗教系小物に、ついマックス・フォン・シドーを見る私。

IMG_2661.jpg


キラリトギンザの輸入壁紙専門店では膨大なサンプル帳に時間を忘れました。
欲しい絵柄はお値段がすごすぎてリフォームは難しいけれど、
パネルや他の使い方もできそう。
とりあえずフリーペーパーをもらって喜んで帰ってきました。

趣味なお話しでいきますと、
今期のアニメは豊作じゃー(by 合田誠風)。
そんな中でも只今お気に入りは

●僕だけがいない街……毎回展開が楽しみ!
●昭和元禄落語心中……山寺宏一(声優)は本当にうまい!
●亜人……………………主人公の性格設定が新しい
●ディメンションW……ここに来て筋の展開がなかなか凝ってて面白い。
           ところどころ萩尾望都の銀の三角を思ったりして。
●ハイキュー……………安定の素晴らしさ。毎回ハンカチ必需品。
           天才ではないその他諸々の人たちシンクロ度が半端ありません(涙)

僕だけがいない街は原作を読みたい気持ちを抑えるのが大変だけれど、
最終巻発売が5月だという事なので、それからの一気読みを楽しみにぐっと我慢です。
19日からは、制作発表から待ちに待ってた大河ファンタジー「精霊の守り人」!!
参った、楽しみすぎる。
配役もなかなかいいのでは。
坂の上の雲の時も3年〜??と思ったけれどあっという間だっただけに、
気がつけばオリンピック一年前なんて事にならにようにしなくては。


ベアも縫ってます。
今日は今年後半のグループ展のための一体を先に縫っているのですが
大きいサイズの上、デザイン手直しでパーツが増えたのもあってか
縫えども縫えども終わりが見えず遅れ気味…
でもフカフカのいい子になりそうです。
4月始めに一つ企画展のお誘いをいただきました。
迷ったけれどモチーフが面白そうなのでお受けしてしまいました。
今年のスケジュールもまた改めてお知らせいたします。
posted by yanakano zoo at 18:55| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回わたしもビデオでアニメ結構見てます。
僕だけがいない街はマンガでも評判だったけれど読んでないのでドキドキしますね。あとは「ハイキュー!」天才じゃないところがなんかいいですよね。苦しいところもはしょらないというか。。あとはずっと「銀魂」だな。。もうすぐ終わりそうなうわさ。「昭和元禄落語心中」は一応みているのですが、マンガを読んでしまっているので落語の部分がむつかしいなー。と思ってます。
Posted by ぽち at 2016年03月10日 21:53
ぽちさん
うふふ、反応ありがとうございます。
「僕だけがいない街」最新話見ましたー。
漫画を知らない私には大展開です。
ちょっと読み筋感もあるけれどやっぱり先がきになる!
二転三転を期待してます。
ハイキューね、名も無き選手たちも丁寧に描かれていて、彼らの気持ちでしか見られません。
教師をしている友人の大絶賛アニメ(笑)。

ほー、いよいよ銀魂終わりかもですか?
録画だけでまだ見てないけれど、近藤さんのお話からちょっとドキドキしてます。
落語心中は確かに天才二人の落語部分は難しいですよね。
どうするのかなと思っていたけれど、部分部分見せることでなんとかやってるかなと。
落語好きな人にはちょっと辛いかもでしょうか。

そうそう、ぎゅうがますます甘えん坊になってます。
凶暴ワカケ女子返上も、点目の強面だけはそのまま。
Posted by yana kano zoo at 2016年03月11日 11:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: