2013年06月04日

フィリップ・ジャンティの魔法にかかり、009にしびれる

いよいよ6月、暑さも増している中、
近所のディスカウントショップで超安値の有名大箱アイスを発見。
常時この値段らしいのですが、困った…
近づかないに限ります…

さて、5月ラストの週、前々から楽しみにしていた
カンパニー・フィリップ・ジャンティの『動かぬ旅人』を観てきました。
もう20年程前になりますか、友人に凄いものがあると聞き、
「いのちのパレード」という演目を見た時の驚きと感動は今でも忘れられません。
ムクロのように横たわる人形や紙切れが、
時にコミカルで美しく、時にグロテスクで恐ろしく、
まるで命を宿したように動き出すその舞台は
視覚トリックで何とも不思議な世界に入り込む、
人と人形(パペット)のが織りなす幻想世界って感じでしょうか。
前回見たのは指人形劇で、さすがにこれは劇場でみるにはこじんまりし過ぎでちょっと…。
それからあれ?来ないな〜って思ってたら、何と今回5年半ぶりの来日公演だそうで、
いや〜歳もとります…私…。
友人が取ってくれた席は、なんと最前列のど真ん中! ああ、何と言う贅沢!!
もういつも何時も本当にありがとうございます!
『動かぬ旅人』は以前も観ていますが、完全リニューアルで、
ちょっと人形が少なかったけれど、
ああ、やっぱりフィリップ・ジャンティだよ〜な、舞台でした。
益々期待して待ってます、また是非来て欲しい!

そして009 RE:CYBORG。映画館には行けず、
レンタルになるのを今か今かと待っておりました009。
いや〜かっこいいわ〜
フルCGでこれが出来ちゃっていいのか?? とちょっと思う所もあるけれど、
キャラもよりリアルで、002ジェット・リンクのまーカッコいい事(笑)。
加速装〜置!と、叫ぶ009ジョーの声は、ちはやふるの太一君では有りませんか。
009を見ているというよりは、
プロダクションIGオリジナル作品を見ているという感じでは有るけれど、
勢いがつき過ぎて、直ぐには止まれず反動が付く動きや、
重さを感じるタメなど、やはり私はプロダクションIGのリアルが好きです。
22日からは攻殻機動隊の新作も劇場上映がスタートするプロダクションIG。
監督が変わるようですが、こちらも楽しみ〜
posted by yanakano zoo at 20:24| Comment(2) | 趣味のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うふっ♪ 次は「MIWA」かしら(*^。^*)
Posted by ティファニー at 2013年06月11日 14:04
ティファニーさん

おほほ♪ 今年はいい演劇にあたって嬉しいです。
いつもありがとうございます!!
「MIWA」楽しみだ〜
Posted by yanakano zoo at 2013年06月12日 07:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: